クレジットカード現金化が出来ない原因について

現金化の悩み

今でも町で見かけるカードでお金の看板はショッピング枠を現金化してお金を調達する資金策です。

 

今から30年程前から行われているこの方法でな現金調達は現在では様々な手法に派生して多くの現金化業者が乱立している状況です。

 

審査がなくショッピング枠の残高さえあれば行えるクレジットカード現金化はその手軽さからお金を借りれない人が行き着く金策として知られています。

 

確かにショッピング枠があれば誰でもできるのですがクレジットカード会社も換金目的のカード利用は禁止していますから100%すべてのクレジットカードでできるわけではありません。


クレジットカード現金化ができない3つの理由

現金化できない

誰もがクレジットカードのショッピング枠さえあれば現金を調達できる換金方法ですが場合によってはショッピング枠に余裕があっても現金化を行うことが出来ない場合があるかもしれません。

 

  • 他人名義のクレジットカード
  • 新規発行のクレジットカード
  • 決済金額が高額

 

上記の場合は現金化が出来ないもしくは時間が思いのほか掛かってしまうかもしれません。

 

他人名義のクレジットカード

他人名義のクレジットカードを利用することは犯罪です。全く知らない人もカードを決済して現金をせしめる事件は表沙汰になっていないだけで毎年多くの被害者が出ています。

 

特にクレジットカード現金化はキャッシング枠以外のショッピング枠を換金することで現金を手に入れられるとても便利な方法となりますので悪用される可能性はゼロではありません。

 

現金化を専門に行う業者でも申込み人と利用するカードの名義人が一致しない場合には利用すら出来ません。

 

ここで疑問に思うのが家族のカードの場合はどうなのかということです。

 

普段から夫名義のカードで買い物をしている方もいますからそういった方がクレジットカード現金化を家族名義のカードで利用する場合は注意が必要です。業者によっては利用ができる場合もあれば受付を拒否される場合もあります。

 

家族にバレずにクレジットカード現金化する4つの方法

新規発行のクレジットカード

新たに取得したクレジットカードは支払いの履歴がなく換金性の高い「ブランド品」、「金券類」などを大量購入すると決済がまず通りません。

 

少額であれば自然な買い物となりますので全く問題ありませんが、不自然に換金性の高い商品を大量購入すれば現金化の疑いをカード会社に掛けられてしまいます。

 

せっかく発行したクレジットカードが現金化を行ったために利用停止になっってしまった事例も報告されていますので支払いの履歴のないクレジットカードで現金化は避けたほうが無難といえます。

 

カード枠現金化が超便利!5分で分かる優良店から利用停止まで

 

決済金額が高額

クレジットカード現金化に利用金額の制限は基本ありません。しかし、数百万円のショッピング枠を現金化する場合は現金化業者も慎重なるかもしれませんので時間がかかってしまうこともありますし、現金化自体出来ない可能性があります。

 

高額決済で現金化をする近道はカードを複数利用する等が挙げられます。

 

また、新幹線の回数券など金券での現金化は高額決済するとかなり危険なのでキャッシュバック方式の現金化業者を利用するなどすると良いでしょう。

 

クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる


サイト最終更新日:2018/03/29