サイト最終更新日:2018/05/10

なぜアマゾンギフト券のトラブルが発生するのか

アマゾンギフト券のトラブルが急増を懸念する女性

最近急激に増え始めたアマゾンギフト券の買取業者ですが、高換金率なため現金化する人たちが後を立ちません。そんなアマゾンギフト券の現金化でトラブルが急増しています。なぜトラブルが発生してしまうのでしょうか?それはアマゾンギフト券の仕組みの問題で、ギフト券にはすべてギフト番号が記載されています。これをアマゾンのアカウントにチャージすることによってアマゾンサイト内でギフト券の額面分のショッピングができる仕組みになっています。ですから買取をするときはギフト券を買い取ると言うよりギフト番号を買取ってもらうという方が正確です。買取の仕方は業者がアマゾンギフト券に記載されているギフト券番号をメールで送信させます。ここが危険なところなのですが第三者にギフト券番号を流してしまうともしチャージしても誰がチャージしたのかわかりません。ギフト券番号を送信して使えないギフト券だったと言われたらどうでしょう?買取は成立しないどころか額面の金額そのまま損をしてしまいます。アマゾンギフト券を買取ってもらうなら信頼のできる業者を利用しないと痛い目を見るかもしれません。できることならご自身がなるべくしっかりと運営をしている業者を探せるようにある程度知識を身に着けていたほうがそう言った悪質業者を利用しなくて済むのではないでしょうか。


まずは仕組みを知ろう

アマゾンギフト券の仕組みを説明する画像

アマゾンギフト券とは大手通販サイトアマゾンで買い物ができるいわゆる電子マネーであり、ギフト券の額面と同じ金額の商品を交換できるアマゾンサイト内の通貨のようなものです。

 

そして現金やクレジットカードで注文・購入が可能になりますのでクレジットカード現金化では換金性の高い商品として位置づけられています。

 

現金化で利用されているのが9割がアマゾンギフト券Eメールタイプというものになります。

 

手続き上、Eメールタイプが最も簡単であることから現金化では好んで利用されていますが、もちろんアマゾンギフト券であれば現金化するのに問題はありません。

 

コンビニでも目にするカードタイプもクレジットカードでの購入はできませんが買取ができるという点では例外ではありません。

 

そしてこのアマゾンギフト券クレジットカードで購入しても現金化の疑いがかかりにくい商品として多くの現金化業者が取り扱っています。

 

これだけ現金化に向いている商品ですが、そもそもアマゾンギフト券はアマゾンサイト内でのショッピングができるように知人や友人などに送って使ってもらうために作られていますから換金目的に設計はされていません。

 

ですから本来の使い方を詳しく説明すると購入者がギフト券を買う際に送りたい相手のメールアドレスを設定してアマゾンサイトから送りたい人に直接送信します。

 

そして受け取った人が自分のアマゾンサイトのアカウントにギフト券番号を登録(チャージ)をしてショッピングをします。

 

ギフト券の流れはアマゾンサイトから送り先のひとつしかありませんからギフト券が使えないということは有り得ない事になりますし、受取人がギフト券のメールを開くと送り主にメールが開封されましたと通知のメールがきてしっかりと受け取ってくれたことが確認できる仕様となっていますのでギフト券の信頼性が保たれています。

 

ですが一度開封されたギフト券はそれが本当に使えるかどうかの信憑性は開封される前のそれと比べると格段に下がってしまいます。

 

つまるところアマゾンギフト券はそこに記載されているギフト番号を登録して使うもで、一回の登録で番号の役割は終わってしまいますのでみだりに第三者に教えることは避けたほうが良いといえます。

 

複数の人がギフト番号を知ることになれば、それを知りうる人の最初に番号登録をした人が使えるようになってしまうのです。

 

登録がなされたギフト番号に何の価値もありませんから、もしたとえば買取業者に一度送信して買取をお願いしてそのあとキャンセルしたとしてもギフト券が使えなくなる可能性はゼロではないということになります。

 

しかも残念なことにはじめに受け取った人がアカウントに登録(チャージ)して使うことを前提に作られていますから、こういった現金化を想定した仕様にはギフト券は作られていませんので誰が登録したかまではわかりません。」

 

ですからアマゾンギフト券を扱う現金化業者は信頼できるところをしっかりと選ぶ必要がありますし、なにも知らないで現金化するのは少々危険な代物とも言えます。


検索上位が信用できるとは限らない

検索結果は詐欺業者の広告もあることに怖がる女性

アマゾンギフト券でトラブルにならないようにするには業者の探し方も重要です。クレジットカード現金化業者を探す時インターネットで検索すると思いますが多くの方が検索結果の上に来るものをまずクリックするのではないでしょうか?上位に表示されているサイトはなぜだか信用できそうな気がします。ですが一番上に表示されているからと言って信用できるとは限りません。なぜなら業者が広告費を払ってより多くの人の目に触れるように意図的に表示しているものだからです。検索ワードの広告としてそれに関連するサイトが目につきやすいところに表示されるようになってます。この仕組は広告費を払えばどのサイトでも一番上の広告欄に出てくるものでそれが悪質な業者でもです。広告で表示された業者だけでは判断材料が乏しいですし、そこの公式ホームページには良いことばかり書かれていますので鵜呑みにするのは大変危険です。ですから業者を選ぶのであれば比較サイトなどで何社か掲載されているところから選んだり、いろいろな紹介サイトに掲載されている業者はある程度信用できる基準として考えることができます。もし現金化で検索結果ページに表示される広告の業者を利用するときは注意が必要です。検索結果のページに広告を掲載する業者がもちろんすべてが悪質とは言えませんが実際にアマゾンギフト券の買取で詐欺に遭ったひともいるようです。

広告欄に乗っている業者を利用するときはその業者がほかのサイトなどで紹介されているかが非常に重要です。詐欺業者は名前をコロコロ変えるのでその業者の情報があまり存在しない場合利用は避けたほうが良いといえます。また当サイトのように比較しているサイトを巡り、別のサイトで掲載されている業者はそうでないサイトに比べれば信用はできます。当サイトにはランキング形式にてクレジットカード現金化業者が掲載されていますので安心して利用していただけると思います。申し込み件数成約件数も載っていますのでそちらもご参考下さい。


換金率恐怖の10%…本当にあった怖い業者

ほんとに詐欺業者がいて怖がる女性

「アマゾンギフト券 買取」の検索結果ページの一番上に表示されている広告のなかには悪質な詐欺行為と見受けられる業者が存在することは確認できました。そしてその手口も公開いたします。クレジットカード現金化をしようとしている人は絶対に知っておくべき悪質な手口ですので被害に合わないようにして下さい。

 

換金率恐怖の10%とありますがもしそうと知っていたらだれも利用しないでしょうし確実に誰も現金化しようとしてサイトには訪れません。ではなぜそんな業者を利用してしまったのでしょうか?ある情報筋から被害者の女性から証言情報を入手しました。

39歳・女性・主婦
少し現金が必要になって旦那に内緒で何か方法はないかとインターネットで調べていったらアマゾンギフト券の現金化を見つけました。アマゾンは旦那に頼まれてたまにショッピングで利用していたのでとても身近に感じていました。請求はアマゾンサイトからのショッピングの名目なのでキャッシングするよりも買い物をしたことにすればバレないとおもいました。早速、換金してくれる業者を探すためにアマゾン買取で検索してみましたが、たくさんのサイトが表示されて正直どれが良いのかわかりません。何も考えずに一番上から見ていこうと思い調べ始めてみると、どの業者も換金率が90%とかいてあり高い換金率で買取ってもらえると思い込んでしまいました。いくつか見て一番高い換金率96%の業者に申し込むとメールで返信が来てアマゾンギフト券を買取ってもらうためにその業者にギフト券を送りました。10万円分のギフト券を送ったので96,000円の振込と完全に思い込んでいましたが、振込まれた金額は約9,600円でした。はじめは見間違いかと思いましたがいくら数えても一桁足りません。振込のミスだと思いすぐに電話しましたが繋がりませんでした。メールしてみると利用規約に同意していますのでというよくわからない返答が来ました。そして買取を取り消してほしいとも伝えましてがそれもで利用規約錠できないと、結果的に約9万円も損をしてしまいました。その利用規約を後からみて騙されたと思いました。内容は買取するギフト券の内1枚だけ最大換金率を適用するという内容でした。ですからわたしが送ったギフト券は1万円を10枚でしたので1枚は換金できて残りはいくらかもわからない内容でした。その時は本当にパニックのようになりましたが、身内の誰かに相談することもできず、ましてや旦那に内緒でしたことですのでバレたら大変になると思いとても後悔しています。


最近急増する利用規約詐欺

詐欺業者のイメージ画像

当サイトが詐欺被害に遭った女性の証言を元に調査したところ詐欺業者の手口は利用規約を利用した実に巧妙な手口と判明しました。その内容とは利用規約に業者の有利な内容がかかれていてそれに同意してうえでの取引なので文句はいえませんよねという手口です。その利用規約に表記の換金率はあくまで最大値であり換金率は当サイトが独自で決めますなどと書かれていれば、もうこれは業者の良いねの買い取りになってしまいます。しかも同意した上での取引下ということは同意しているとみなしますので後からなにを言っても覆らない仕組みとなています。普段利用規約など隅々まで読み尽くしてサービスなどをうける人は少ないと思います。現在急増している利用規約詐欺はこれを逆手に取った悪質な内容と言えます。このトラブルを回避するには利用規約を熟読して利用するにあたって不利な内容が書かれているところは利用しないという1点のみになります。


絶対に読むべきアマゾンギフト券でトラブルにならない方法【まとめ】

トラブルにならない方法【まとめ】画像

アマゾンギフト券の買取サービスでトラブルにならないように気をつける点は以上の事を含めて

  • アマゾンギフト券のギフト番号の扱い
  • 高換金率で買取を進めてくる業者
  • 正確な振込金額の確認
  • 正確な振込日時
  • 現金化業者のなかには詐欺業者もいるという認識

などです。おいしい話には必ずウラがあるのは常識です。もしそんなおいしい話に飛びつくのならなぜそうなるのかというところまで考えてしっかりと判断しなければいけません。より高い換金率で損をしない現金化をしたいのは皆さん一緒です。お気持ちはわかりますが換金率の相場も決まっていますから70~80%で考えていたほうが良いでしょう。もし少しでも換金率を上げたいならば数社に問い合わせをして振込金額を比較するのが一番の近道となります。

 

当サイト上位ランクイン イチオシ現金化業者
アキバギフトの詳細【店舗概要・口コミ・評判】

 

フルサポートneoの詳細【店舗概要・口コミ・評判】

 

 

クレジットカード現金化比較サイトレジェンド【公式】|TOP