サイト最終更新日:2018/09/11

クレジットヒストリーと信用問題の関係性とは?

クレジットヒストリーと信用問題の関係性とは?

 

クレジットヒストリーが良い、悪いという様にいわれていることをご存知でしょうか?
良し悪しで判断するもので、その影響力は事信用問題に関し絶大です。

 

しかし知らない人には良くわからないもの、まずはこのクレジットヒストリーを理解するところから始めましょう。

 

 

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは?

 

ヒストリーには、歴史・経歴という意味が込められています。

 

クレジットカードのヒストリーを略して、クレジットヒストリーというようになるのです。
結果、クレヒス(クレジットヒストリー)とはそのカードの利用記録という事です。

 

カード会社の信用を高くする事で、自分にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

クレヒスを上げる事で得られるメリット

良い・悪いという評価をされるからには、その評価に準じた見返りがあるはずです。
その辺りを調査してみる事にしました。

 

クレヒスの評価によって変わる対応
クレヒスが良い クレヒスが悪い

新しいカードの審査が通りやすい

使用中のカードの契約が切れてしまう
住宅ローンなども組みやすくなる 新しいカードの審査が通り難くなる
利用限度額がUPする 住宅ローンが組めない
社会的な信用を得る事が出来る ブラックリストに入ってしまう

 

ご覧いただいた表の内容がクレヒスに関するメリットデメリットです。
この結果を見る限り、クレヒスが良いから利点がある。という事ではなく、クレヒスが悪いと行動に制限が掛かる。という認識の方が良いでしょう。

 

0からプラスになるというより、0からマイナスにならないように心掛ける事が重要と言えます。

 

クレヒスが悪くなる理由とは?

 

クレヒスは特定の行動を行うことでカード会社の信用をなくして悪くなる、という公式が出来上がっています。
ならば話は簡単です。

 

その特定の行動に気をつけることでクレヒスが悪くなる事は無くなるという事ですね。

 

まずはその行動を見ていきましょう。

クレヒスが悪くなる原因と理由
原因 理由
支払いの遅延 現金の管理能力が無いと判断される為
支払いが遅れている時に連絡が取れない 小まめな報告や連絡の取り合いで返済意思があるかどうかを判断される
規約違反 カード会社の決めた規約に違反している為

 

支払いの遅延

これだけでも充分すぎるくらいクレヒスは悪くなります。

 

支払いが遅れるという事は、それだけで金銭の管理能力に欠けていると判断されてしまいます。

 

今後の私生活に支障はでないとは思いますが、支払いの遅延には充分に注意した方が良いでしょう。

 

支払いが遅れている時に連絡が取れない

 

支払いが遅れてしまう、尚且つ連絡が取れないとなるとカード会社からは「支払う意思がない」というように思われてしまっても仕方ありません。
最悪の場合、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性がありますので支払う事が出来なくても、いつまでになら入金できるのかという意思をカード会社に提示しましょう。

 

支払う意思がある事を伝える事でブラックリストに載らずにすんだという体験談を耳にした事があります。

 

規約違反

 

残念ながらこちらの行為に関しては弁明の余地がありません
クレヒスは悪くなり、最低でもブラックリスト入りは免れないでしょう。

 

現金化は規約違反

現金化は規約違反

 

他のサイトでも見かけた事があるかもしれませんが、クレジットカード現金化はどのカード会社でも漏れなく規約違反になる行為です。
もしもカードが利用停止になっても新しいカードを作ればいいと考えた方はこれを機に考えを改めた方がいいでしょう。

 

違う会社のカードをお持ちの方でも同様の事が言えます。

 

個人信用情報機関にカード契約者の情報が登録されるのですが、他のカード会社はこの情報を観覧する事が可能です。
その為、ブラックリストに入ってしまった場合、遅からずも所有している他のクレジットカードにも何らかの影響が出てしまいます。

 

当然他のカード会社だから、という理由では回避できる訳もなく何らかの影響が出ることは間違いありません。

 

最悪の場合で、契約解除という処置をとられカードが利用できなくなってしまうでしょう。

 

クレジットカード現金化をバレないように行う方法

クレジットカード現金化をバレないように行う方法

 

情報を共有している為、現金化がばれた瞬間他のカード会社で新規カードの発行は殆どの確率で不可能になります。
では、カード会社にバレる事無く現金化を利用するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

優良の現金化業者を利用する事です。

 

何をどうすればカード会社にバレるのか、どういう現金化が危険なのか、という分野に長けているのは当然専門家である現金化業者です。

 

安全な資金調達を行うには、利用者第一の優良現金化業者を利用する事をオススメいたします。
当サイトでも数社の優良業者をご紹介していますので、是非とも参考にご確認ください。