現金化で発生する手数料について

現金化の手数料なんていらない

 

現金化の手数料なんていらない

 

 

何かのサービスを利用する際、必ずといっていい程私たちは手数料を払っています。

 

これは現金化業者を利用する時も例外ではありません。

 

しかし、現金化業者を利用する方は換金率をとても気にしますので手数料をなるべく引かれずに手元にお金を残したいと思います。

 

出来たら手数料が無い現金化業者が理想なのは言うまでもありません。

 

そもそもサービスとは目に見えるものではないので価値の付け方が曖昧であり難しい部分でもありますので多くの消費者はサービスにおける手数料を支払うことに抵抗を感じているのではないでしょうか。

 

また、悪質な現金化業者ではよくわからない手数料を請求してくることさえあります。

 

今回は現金化業者における手数料について解説いたしますので、法外な手数料を請求されたり、不明瞭な項目で振込金額が下がらないようにぜひ参考にしてみてください。

 

現金化業者も貸金業では無いので金利や利子を利用者には請求できないため手数料をもらって営業しています。

 

キャンペーンなどで手数料を無料にしている場合を除き支払うものですのでしっかり理解しておくことで損をしない現金化ができると思います。


現金化の手数料の内訳

現金化業者を利用してより手元に多くお金を残すには換金率とは別に手数料がどのくらい引かれるのかを計算しなくてはいけません。

 

では手数料と一口に言ってもどのような種類があるのでしょうか?差し引かれる項目を見てみましょう。

 

  • 決済手数料
  • 消費税
  • 振込手数料
  • 送料

 

消費税は手数料ではないですが、差し引かれるものとして含めています。一般的な項目は以上です。

 

現金化業者の中には全く手数料について説明しない業者もありますのでそのへんでも利用して良い業者なのか判断が出来ます。

 

気になったことは色々と聞いてみるのも良いでしょう。

 

優良店であれしっかりと教えてくれますし、もし説明した内容と全く違い振込金額が明らかに異なる場合はキャンセルだって出来ます。

 

というのも消費者契約法では虚偽の説明により誤認させての契約は無効にできるとされています。

 

ちゃんとした現金化業者はそれもわかっていますのでしっかりとした対応をしてくれるはずです。

決済手数料

クレジットカードを利用すると必ず決済手数料が発生しますが現金化業界ではこれを無料にしているところはまずありません。

 

カードの種類にもよって異なりますがVISA・Masterであれば5%~7%、JCB・アメックス・ダイナースでは7%~9%ほど発生します。

 

中にはカード決済手数料を一律で行っている業者もあるのでできるだけ安いところを利用する方が換金率を上げることが出来ます。

 

またカード決済手数料が発生しない場合もあるのでお伝えしておきますと金券類の買取を行っている業者はこれに当たります。

 

例えば、ギフトカードをクレジット決済して換金することで現金化は可能ですから決済手数料をかけず購入することが可能です。

 

要するに買取方式で最近多いamazonギフト券を取り扱っている業者は決済手数料はないと考えて良いでしょう。

消費税

消費税は金券類には適用しないので新幹線の回数券やamazonギフト券を購入する場合は発生しませんので買取方式の場合こちらも金する必要がありません。

 

キャッシュバック方式では指定商品を購入することになりますので消費税込の決済金額となるので負担することになります。

振込手数料

銀行口座に振込する手数料がこれにあたります。こちらは数百円が利用負担となりますので必要金額ギリギリで現金化した場合に振込金額が少し足りないなんてことになりやすい項目です。

 

現金化業者で取引をする場合はこちらも確認して振込金額ベースで伝えてもらうようにすれば安心して現金化ができます。

送料

商品購入した際の送料は使う配送業者によっても異なります。

 

キャッシュバック方式の業者を利用した場合、必ず品物を受け取らなければいけないので送料は発生します。

 

買取方式の業者の場合は購入してから受け取るのに1回、業者に発送するのに1回と送料がかさみます。では直接業者に発送する形を取れば1回で済むので送料が安くできると思いがちですがこれは危険が伴います。

 

事実上カード決済した人がが商品を受けたらずに現金化業者に商品を送ってしまいますと商取引の偽装となり現金化をしたことが発覚してしまった際は言い逃れができなくなってしまいますのでリスクが非常に高いと言えます。

 

もし受け取るのが手間だと思うのであればamazonギフト券を取り扱う業者を利用したほうが良いでしょう。Eメールタイプのギフトカードを購入することになりますので受取はご自身の設定したアドレス宛になるからです。

その他の手数料を請求する現金化業者には注意が必要

一般的にかかるであろう手数料はご説明した通りです。

 

もし問い合わせた現金化業者がそれ以外の手数料を請求して来たら注意が必要です。

 

例えばシステム管理料、登録料などが良い例です。

 

確かに現金化業者を利用すると2回目からの利用をスムーズにするために顧客情報を管理します。

 

こちらの管理費を取る業者はあまりないのでもし請求されるようでしたら利用は控えたほうが良いかもしれません。

 

何の手数料がいくら差し引かれるのか、振込金額がいくらになるのか、しっかりと確認して現金化を行えばトラブルになる可能性は低くなります。

サイト最終更新日:2018/03/29