サイト最終更新日:2018/05/10

違法性の高い現金化業者だと見抜くセンスが必要

違法性の高い現金化業者

どんな事業を興すにも法律に基づいたルールがあり、どの企業でも法の決まりごとを守らないと違法行為とみなされ犯罪となります。

 

敏腕の医師であろうともカリスマ美容師であっても資格を持たずに運営をすることは違法行為となり逮捕されてしまうことでしょう。

 

クレジットカード現金化を商売としている会社は違法行為をしていると世間では言われてはおりますが、通常のショッピングであることから犯罪性を問われることが難しく現時点では違法ではありません。

 

但し、クレジット現金化を行なう上でサービスを提供する側と使う側者はルールにのっとって利用しないとトラブル沙汰になることもございます。

 

クレジットカード現金化は契約する会社によって取引内容が異なり、中にはルール違反を犯している業者もいくつかあるようです。

 

どんなことがあっても規制されていることを守らずに商売をしているというのはいかがなものかと思います。

 

ましてや、クレジット現金化はグレーゾーンでもありカード会社の利用規に反した資金策でもあるのにも関わらずルール違反をしている業者との交渉は後先不安がちです。

 

このサービスを利用してお金を手に入れるのであれば違法性の高い現金化業者だと見抜くセンスが必要になってきます。


違法性のある取引として逮捕されている

違法性の高い現金化業者

実際にクレジットカード現金化では逮捕業者も続出している事実がありますので利用者も動揺を隠せないことでしょう。

 

業者が検挙されることがあってもユーザーが摘発されることはありませんのでご安心ください。

 

但し、事件が起こることでカード会社にショッピング枠を使った現金化をした事実が知れ渡り利用停止になる恐れはあるかもしれませんので違法性の高い現金化業者と避けなければなりません。

 

主にキャッシュバック方式を用いた現金化業者との契約は違法性のある取引として逮捕されているようです。

 

では、犯罪行為とも等しい現金化業者の行為とはどういったことなのでしょう。

 

違法性の高い現金化業者との取引内容
  1. 無価値な商品を高価格にて販売
  2. 利用者に商品を選ばせず特定の商品を指定し買わせる
  3. 購入した物を納品していただくのは一度きりで2回目以降は配送しない
  4. カード情報を聞き出し決済は業者が行なう

 

上記の項目はキャッシュバックを目的としたショッピングではありますが金貸し目当ての偽装行為と判断される為、出資法違反となるのです。

 

逆を言えば下記4項目をクリアしていれば問題が無いということになります。

 

違法性を問われない現金化業者との取引内容
  1. 価値が付けづらいハンドメイドの商品を販売
  2. 複数の商品が販売されていて利用者が選べる形式となっている
  3. 契約の度に購入品は配送される
  4. クレジット決済は利用者が行なうものとする

優良店を選ばなければならない

違法性の高い現金化業者

取引業者のクレジットカード現金化サービスによってトラブルに巻き込まれてしまうこともあり得ますので優良店を選ばなければならないのが利用者としての役目でもあります。

 

現金化業者との契約を結ぶにあたって口コミを参考にされる方がおりますが全くあてにならないもので口コミ情報を信じる者は愚か者です。

 

匿名希望で書き込まれている情報であれば参考にはなりますが、その業者のウィークポイントを口コミとしていますので優良店の情報には結びつきません。

 

現金化業者の選定にはインターネットを通じて公式ホームページを見られることでしょう。

 

その際は、公式ホームの構成がしっかりしているかということにチェックしていただき明らかに雑に作られているホームページは違法性の高い現金化業者です。

 

最終的な判断は直接業者に問い合わせてみるのが良いかもしれません。

 

連絡先が携帯電話番号となっているのは避けていただき、また電話番号は固定電話だろうと思われても携帯電話に転送される業者もNGです。

 

電話対応は非常に丁寧で質問に対しても曖昧な回答ではではなく的確に答えてくれる業者は一概には言えませんが優良店だと判断しても良いでしょう。

 

中には面倒臭そうそうに質疑応対する利用者の気分を害する業者もあるようです。

 

 

クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる