サイト最終更新日:2018/07/09

クレジットカード現金化後は返済はどのようにすればいいのでしょうか?

返済はどうするのか

クレジットカード現金化は、通常のショッピング枠を使ってお金を手に入れるため、カード会社から借りると認識してしまいがちです。

また、取引をした現金化業者からお金を借りたと感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

クレジットカード現金化は貸金業ではありません。

もちろん、取引するクレジットカード現金化業者も貸金業者でもありませんので、お金を借りるという認識は捨ててください。

クレジットカード現金化は、業者が指定した商品を商品をショッピング枠を使って購入し、特典として現金を手に入れる方法です。

ただ、指定された商品を購入するだけのことですので、ご自身が買いたい物を買われている訳ではありませんので、ショッピングをした認識が薄くなりがちになってしまいます。

ショッピング枠を使ったのですから、当然ですが、カード会社から請求されますので、その通りに支払いをしていただくだけです。


利用後は請求日に引き落としされるだけ

請求日_引き落とし

通常のショッピング枠を使ったことと何ら変わりはございませんので、後日カード会社から届きます請求書どおりに返済をしていただくだけです。

引き落としされる銀行口座に現金のお預け入れをお忘れないようにしてください。

クレジットカード現金化の返済は、カード会社のみですから、取引業者から請求されることはございません。

返済日は、カード会社との契約の際に決められているはずですので、お忘れの方はご確認してください。

請求書が届くのは、利用していただいてから大体1ヵ月後位です。

利用前にカード会社の返済日と締め日と返済方法を確認しておくと良いでしょう。

ご自信のものですから、最低限のことは認識しておく必要があります。


返済方法は厳しいようであれば一括からリボ払いへ

返済方法は変更可

カード会社への返済を計画を経てて負担にならないように、クレジットカード現金化は利用しなければなりません。

しかし、思わぬ出費が重なり、カード会社への返済が厳しくなってしまうことがあることでしょう。

キャッシュバック方式で、現金化業者との契約をした場合、返済方法は選ぶことができず、一括払いとなることが大半です。

このような状況になったとしてもご安心ください。

クレジットカード現金化は、一括払いからリボ払いへ変更することは可能です。

ただし、リボ払いは、分割払いとは違って金利がお高くなってしまいます。

けれども、カード会社への返済が滞ることに比べれば、それほど痛いことでは無いと思います。

また、リボルビング払いに変更しても、余裕がある時にカード会社へ連絡をすれば、一括で返済をすることも可能です。

このようにしていただければ、カード会社への返済も難無くできるのではないでしょうか。


クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる