クレジットカード現金化は裏ワザを使えば換金率が上げられる

クレジットカード現金化_裏ワザ

クレジットカード現金化を利用するのであれば、少しでも高い換金率にこだわって利用したいものです。

 

各業者の公式ホームページに記載されている換金率を見て、取引業者を選定しますが、実際取引をするとなれば、手数料だの何だの差し引かれることが多く、実際の換金率は想像より遥かに下回ってしまうことが多いでしょう。

 

これですと、業者の思うつぼのままのクレジットカード現金化となり、利用者は損した気分に陥ります。

 

同じ店舗で何度取引しても、換金率は一向に高くなることがなく、どうしたら高換金率で現金化ができるのか考えても秘策は出ません。

 

それならば、裏ワザを使いましょう。

 

クレジットカード現金化の裏ワザといっても、それほど難しいことではありません。


定められた数字以上の換金率で現金化ができるから

定められた数字以上

クレジットカード現金化業者が、お客様に提示してくる換金率は最高の数字ではありません。

 

現金化業者の収益は、決済額に手数料を引いた数字から入金額を引いて出た数字ですから、入金額が少なければ現金化業者が得をし、多ければ利用者が得することになるのです。

 

クレジットカード現金化業者から提示される換金率以上で、実際は利用ができるものだと認識して下さい。

 

では、どのように換金率を引き上げることができるのかというこですが、簡単なことで提示された換金率で納得しないことです。

 

定められた数字以上の換金率で取引はできるはずでしょうから、渋ると良いでしょう。

 

業者も取引ができなければ、収益を得られませんし、他店に利用されると自分達の換金率をその方にばらされてしまう恐れがあるので、渋々ではありますが高換金率を提示してくるはずです。

 

簡単に返事をするのではなく渋ることをすれば、大半の現金化業者は高い換金率を改めて提示してくれるでしょう。

 

これが、裏ワザなら簡単ですよね。


裏ワザを使うことによって取引は一度きりになるかも

裏ワザ_取引

裏ワザを使うことによって、換金率を引き上げることに成功したとしても、その現金化業者との取引は一度きりとなる可能性があります。

 

中には、面倒くさい客だったり、取引しても大して利益にならない客だとみなされてしまうからです。

 

クレジットカード現金化業者は、決済額に対して収益の水準値を決めています。

 

何度か取引をしている方であれば、サービスはしてくれることでしょうが、初回の方であると換金率は低くして取引をしたいと考えている為、なかなか高換金率というわけにはいきません。

 

少しでも高い換金率にこだわることは大切なことですから、2回目の取引で換金率が低かったり、応じてくれないようでしたら、他店を探せば良いだけのことです。

 

クレジットカード現金化業者が、提示する換金率に屈する必要はありません。

 

 

クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる


サイト最終更新日:2018/03/29