サイト最終更新日:2018/09/11

クレジットカード現金化で扱われている商品はそれぞれ違う

現金化 商品

 

現在、クレジットカード現金化を運営している会社は、ネット上だけでなく店頭でサービスを提供しているお店を含めますと、どれ位あるのか分からない程店舗数が多くなりました。

 

現金化業者が多いと言えど、どのお店も取引の仕方はそれほど変わることありません。

  1. キャッシュバック方式
  2. 買取方式
  3. amazonギフト券買取
  4. 携帯電話のキャリア決済

以上が最近の現金化を行う上での取引方法となっています。

 

昔と違っているのはアマゾンのギフト券を現金化することができることと、携帯電話のキャリアを使用した現金化が可能になったことです。

 

この2通りは大まかに買取方式のカテゴリに含まれる現金化であり、対象としている品物はamazonギフト券を換金するサービスとなっています。

 

但し、買取方式のクレジットカード現金化で扱われている商品はそれぞれ違ってくるのです。

 

取引方法によっては大体同じ物

現金化 商品

 

クレジットカード現金化は大まかにキャッシュバック方式と買取方式に分かれておりますが、どちらの取引方法もそれぞれ商品が扱われています。

 

カードの現金化がお店ごとに変わることと言えば換金率や入金時間等ですが、これらは取引方法によって異なり、当然ですが商品も違います。

 

取引方法によっては大体同じ物が扱われているでしょう。

 

キャッシュバック方式は、殆どの現金化業者が100円均一の販売品を大量購入し、何食わぬ顔をして自社製作品として転売しております。

 

買取方式では、品物と代金を引き換えにしてもらえますが、大半の現金化業者が換金性のある商品を対象にしていることでしょう。

 

昔は新幹線の回数券やギフト券を買取っていましたが、クレジット信販会社も換金目的にショッピング枠を使わせまいと取締が厳しくなり、カードで買うのは困難になりました。


ブランド品の換金が無難

現金化 商品

 

クレジットカ会社は換金目当てに品物を買われたことが発覚した人に対しては、カードの使用を一切許さないだけでなく、残高分を一括で請求します。

 

一度の現金化で、このような状況に追い込まれてしまってはもともこうも無いでしょうから、買取方式はブランド品の換金が無難です。

 

ブランド品も換金性は高い品物ですが、元々高価な物ですのでキャッシュで購入するより分割やリボ払いで何回かに分けて支払いをしたいと考えている人が多くいます。

 

ブランド品をカードで買われる方は一日だけでも相当な人数ですから、全て現金化を目的とした買物だと判断することはできないでしょうから、クレカに問題が生じる恐れがほぼありません。

 

買取方式ではブランド品の換金が無難で、それぞれ現金化の商品は取引方法によって違うということがお分かりいただけたかと思います。

 

 

クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる