サイト最終更新日:2018/05/10

事業資金に困ったらクレジットカード現金化が便利

事業資金に困ったらクレジットカード現金化

中小企業や個人経営されている経営者の方々の中には取引先からの入金を当てにして資金繰りをされている方もいらしゃるのではないでしょうか?

 

その入金も回収できなくなり資金繰りに困っている事業主の方が利用するのは金融機関からの融資などが一般的になります。

 

しかし融資を受けるには経営している会社に返済能力があるのか厳しい審査が行われます。

 

そこで便利なのが法人向けのクレジットカード現金化となります。

 

クレジットカード現金化はショッピング枠を有効活用してお金に換えるとても便利な金策となりますので事業資金に行き詰まってしまったときにはとても心強いものといえます。

審査がないので即日入金が可能

会社を経営して入ればお金の入金が遅れて資金繰りが困難になってしまうこともあると思います。

 

そして今日中に現金が必要でなんとか凌がなくてはいけないとなればあまり悠長なことは言ってられません。

 

クレジットカード現金化は審査がない上に即日入金サービスを受けられることから使う人によってはとてもありがたいサービスとも言えます。

 

すでに融資を受けている場合なら追加融資をしても断られてしまうことも多いのでやはりクレジットカード現金化は使い勝手の良いサービスなのです。

 

追加融資は困難なことがお多い

新たに事業を起こす際に金融機関からすでに融資を受けていると資金繰りが苦しいとなればその企業は経営困難に陥っている場合が多いので銀行や公庫などで資金調達する選択肢は限りなくなくなります。

 

返済が滞ってしまえば信用も下がっているのでまず融資は難しいでしょう。

 

金融機関などは信用をランク付けしていて返済が遅れてしまうとそのランクが下がっていってしまします。

 

信用ランクはこのように分類されています。

 

  1. 正常先
  2. 要注意先
  3. 要管理先
  4. 破たん懸念先
  5. 実質破たん先
  6. 破綻先

 

事業資金の追加融資の申込は経営状況をみて判断されますので破綻する懸念があれば棄却されてしまします。

 

ではクレジット現金化は断られることはないのでしょうか?


ショッピング枠の残高があれば利用可能!クレジットカード現金化は借金にはならない

クレジットカード現金化は借金にはならない

法人向けのクレジットカード現金化は融資ではないので審査がありません。

 

ショッピング枠さえあれば誰でも確実に資金調達することができるのです。

 

しかしながらクレジットカード現金化は借金ではないですが返済はもちろんありますので計画的に利用しなければいけません。

 

法人向けのクレジットカードは一般のと比べると枠も大きいためその分高額な現金化が可能です。

 

無計画に利用すればたちまち資金困難に陥る危険性は理解しておきましょう。

 

法人向けの現金化サービスは優遇されることが多い

リスクももちろんある現金化ですがどの現金化業者も法人向けの申込は高額であることなどを理由に換金率が優遇されることが多いです。

 

100万円以上の利用はご相談くださいなど換金率がaskとなっている業者さえあります。

 

利用上限は基本的に設けていない業者が多いため利用上限はそのカードがもつショッピング枠の残高上限となります。


まとめ 法人向けのクレジットカード現金化が必要とされるわけ

クレジットカードの現金化で即日現金化GET

クレジットカード現金化の最もたるメリットは審査がないということでしょう。

 

融資や借入を起こすときには膨大な提出書類に加えて企業の財務状況を調べられます。

 

資金繰りに困っている企業の財務状況は悪いケースがほとんどですから金融機関からの融資を諦めなくてはなりません。

 

そんな時でもクレジットカード現金化なら確実に現金を調達できることから利用する方は昔から衰えません。

 

もし資金繰りにお困りなら一度事業資金の調達方法としてクレジットカード現金化を検討してみるのも良いかもしれません。

 

その日の内に入金することも可能な即日現金化もとても便利です。