ブランド品のクレジット決済はここがヤバイ

現金化するならブランド品も考えられけどリスクがある

クレジットカード現金化のイメージ画像

クレジットカード現金化は換金性の高い商品をクレジット決済で購入して買取ってもらえらば誰でも簡単にできる資金調達方法ですが、購入商品も選定も非常に大変な上自分でするには色々とハードルが高いことで知られています。特にクレジットカード現金化を検討している方の悩みで多いのがカード会社が定める利用規約に違反すること起こり得るカードの利用停止ではないでしょうか?方法としては至ってシンプルなのですがクレジットカード現金化をする人の多くが返済に遅延が発生したり延滞をする傾向が有りますのでカード会社もなるべくさせないように呼びかけをしています。しかしカード会社も手数料ビジネスですから利用してもらわないことには成り立ちません。利用規約で禁止している反面、支払いさえしっかりしていれば現金化はそれほど危険ではないのです。ではなぜブランド品などの換金性の高い商品を購入すると利用停止になると言われているのでしょうか?

利用停止になる原因

古くからクレジットカード現金化は金融機関からお金を借りること無く現金調達する方法として利用され、一昔まえまではブランド品だろうと新幹線の回数券だろうと簡単に購入できました。しかし近年では購入履歴から換金性の高いとされる商品を購入した方の支払いトラブルが増加したため購入自体できなくなったり最悪利用停止や退会処分、利用代金の一括請求などするケースなどが数多く挙げられています。またクレジットカードの不正利用、たとえば紛失したクレジットカードが悪用されるなどですが不正利用の傾向として回数券であったりブランド品を購入するので様々な点から現金化できる商品の監視は厳しいとされています。これに加えて、クレジットカードの支払いに遅れがあるようですとかなり現金化の疑いをかけられるので大変危険です。


ブランド品の現金化は一回きりなら大丈夫かもしれない

しかしブランド品の現金化は一度だけなら大丈夫かもしれません。かなり限定的ですが必要金額に見合う品物がありなおかつ点数で2~3点までなら普通の買い物の範囲ですみますから後は換金率が高い業者探しをするだけです。
しかし1ヶ月に数回ブランド品でクレジットカード現金化を行うと間違えなく怪しまれるでしょう。普通では有り得ない回数と金額を使うわけですからカード会社から連絡が入るかもしれません。そういった事を考えるとリスクの割に手間や時間がかかる方法となってしまいます。なので安全性や手間と時間で考えると専門業者に依頼をして現金化する人が多くなります。もちろん自分でする現金化は業者を通さない分換金率は最大限高めることができますがそれはある程度の知識とノウハウ、それから時間に余裕のある人に限られます。もしその条件に当てはまるなら一回くらいはブランド品の現金化にチャレンジしてみても良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

サイト最終更新日:2017/08/09


PVランキング