クレジットカード現金化はネット銀行が有効

現金化の振込先はネット銀行が有効なのはどうして?

クレジットカード現金化はネットバンク

どの金融機関でも振込み先を指定できるのが便利と言われているクレジットカード現金化ですが、一般の銀行へ振込みを指定いたしますと当日現金が必要な場合、平日午前9時から午後3時までに振込みをしていただかなければなりません。

 

15時1分に振込みが完了しても翌日入金の扱いとなってしまいます。そうなりますと、銀行が営業している6時間以内に現金化業者と取引を済ませなければならないので、日中ですと一般の方達は現金化業者との取引を急がなければなりません。

 

平日はお仕事もありますし、限られた時間内で現金化をすることは非常に難しいかもしれません。

 

しかし、ネットバンクさえお持ちであればいつでも現金を手に入れられます。

 

ネットバンクの種類でも楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行を取り扱っている現金化業者は業界内でも85%以上にも及んでいます。

 

では、どうして現金化の振込先がネット銀行ですと有効なのか解説いたします。

 

  • 平日15時以降に振込みをしても当日反映の入金が確認できる
  • 土日、祝日に振込みをしても当日反映の入金が確認できる

つまり、24時間365日いつでも当日に現金を手に入れることが可能ということです。

 

ただし、ゆうちょ銀行は毎年5月のゴールデンウィークや年末年始はメンテナンスの為、取り扱いが一時的に停止になることがございます。

 

その他のネットバンクを取り扱っている現金化業者もおりますが、上記に書かれたネットバンクをお持ちであれば取り扱いできない現金化業者はおりませんので、いつでも現金化をすることが可能です。

 

また、その他にもいくつかの都市銀行も平日であれば、15時15分から18時00分までと当日反映入金も可能です。

 

現金を手に入れるまでお時間に余裕がある方ですとネットバンクはご必要ないのかもしれませんが、クレジットカード現金化では重要アイテムだということは間違いありません。

 

>>クレジットカード現金化比較サイトレジェンド | TOPにもどる


サイト最終更新日:2017/02/17